今日の遊食
かわいいペットと美味しい食事を中心に、 その日あった出来事を紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二胡&頂き物
niko8.jpg

 義理の弟が中国民族楽器演奏会のチケットをくれました。
二胡にはちょっと興味もあったし、ランチ付きだしということで、Noly(おそらく、私のブログの読者の殆どの人がNolyのブログも見ていると思うので名指しで失礼!)を誘って行くことにしました。
詳細を知ってる方も多いと思いますが、続きも呼んでね(^ ^;
 

まず始めに京胡と京二胡による演奏、その後京劇とチベット舞踊、最後に二胡の単独演奏という流れでした。
ensoukai.jpg

 京胡や二胡は、要は中国のバイオリンですね。でもバイオリンは弓と弦は別々になっていますが、これらは2本の弦の間に弓が入っているので本体と弓がつながってました。京胡は耳をつんざく様な高い音なので、あまり(いや、かなり)心地よい音色ではありませんでしたが、二胡はちょと聞き惚れちゃう音でした。中国の曲を3曲弾いた後、リクエストで「涙そうそう」や「花」など知っている曲目も演奏してくれました。どちらも私の大好きな曲だったので、かなーり歌いたくなった!(カラオケじゃないんだから)
 京劇というのは日本の歌舞伎のようなもの、チベット舞踊は細長い布を持って腰を曲げて振るのが特徴の踊りという事でした。正直このふたつは難しくて私にはよく分かりませんでしたが、初めて見る踊りや唄は刺激的でした。チケットでも貰わない限り、こういった演奏会に自分から行く事はなかなかないと思うので、貴重な体験ができました弟よ、ありがとう!!
 
 ちなみに食事は
nikolunch.jpg

まあ、普通の中華でした(^ ^;

 食事の後時計を見たら既に16時!!銀座へ移動し、ウィンドウショッピングをして、19時頃にそれぞれ帰りました。ほんとに、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうんですよね


 さて、ここからが今回載せたかったもうひとつの本題です。
Nolyにはこちらまで来てもらったというのに手みやげを頂いちゃいました。もらった時は気づかなかったけど、家に帰ってよく見てみたら、私が持ってる本にも載っていて一度食べてみたかった「花月」のかりんとうと「うさぎや」のどら焼きが入ってるじゃないの!!
特に食べてみたかったのがこの「花月」のかりんとう!
karintou.jpg

同じ温度で設定された3つの鍋で3度揚げして作るこのかりんとうは、その軽い口当たりが特徴。食べてみると、ほんとうに「カリッ」と軽くて、砂糖のべたつき感はまったくないんです。甘さも上品で口に残らず、ついつい次々と口へ運んでしまいました。見た目も真直ぐで美しいし、これは本当に「こだわり」を感じる一品でした

「うさぎや」のどら焼きも、しっとりとしてきめの細かい皮にまずびっくり!餡も小豆の風味が残った絶妙な甘さで、全体的に上品などらやきという感じでした
dorayaki.jpg


そして「岡埜栄泉」の豆大福。
mamedaifuku.jpg

ここのお店は知りませんでしたが、御徒町では豆大福で有名な老舗和菓子屋さんとのこと。
豆の歯ごたえがすごく主張していて、この豆と周りの餅の両方にほのかに塩気を感じるので、甘さ控えめの餡とのバランスがよかったです。でも、柔らかくて甘い餡の大福を思い描いて口に入れると「ん?」と思うかも!?

 和菓子にはコーヒー塔な私。立派な頂き物に少しでも合うように丁寧にコーヒーを入れ、それぞれゆっくり味わいながら頂きました。至福の時ですな
本当にどれも美味しかったごちそうさまでした!



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
土曜日は楽しかったね~。
中国古典楽器も、最後に知っている曲を何曲か演奏してくれたのが良かった~v-218
写真、上手に撮れててビックリv-212
そして和菓子にコーヒーもビックリ!私もコーヒーでいただくのが好きで、でも邪道かな?って思ってたけど、そうでもないのね?!
花月のかりんとうはまだ食べていないんだ~。三つの鍋で三度揚げ・・・なるほど!ブログ読みながら「そうだったんだ~」なんて改めてお勉強。心して食べよーっと。
豆大福はもうちょっと“柔らか餅”が好みだわ~。
【2006/12/18 08:56】 URL | ノリィ #WCSj23LI [ 編集]

え!?Nolyもコーヒー派なの?お互い知らなかったねえ。でも本当に、本に載ってるの見て、食べてみたいなあと思ったやつだったからびっくりだったよ。さすが目の付けどころがいいねえv-398ほんとに沢山のお土産ありがとね!!
【2006/12/18 22:08】 URL | おかん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://marourara.blog76.fc2.com/tb.php/8-15adc1ff



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。