今日の遊食
かわいいペットと美味しい食事を中心に、 その日あった出来事を紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷麺いろいろ
最近冷麺を食べる機会が多かったので,立て続けに写真を載せてみようかと。
koryo2.jpg

猛暑が続く今日この頃。。。冷麺でも見て凉を取ってくださいまし



冷麺といえば、冷たいスープの入った水冷麺と、タデギ等の辛みで和えたビビン麺がありますね。私は両方とも大好きで、でもどちらかと言うとスープの水冷麺を食べる機会の方が多く、特に「もろコリアン風の冷麺」が好きでよく食べます。もろコリアン風と言うと、盛岡冷麺のようにじゃがいものでんぷん質が主の透明な麺のやつではなく、平壌(ピョンヤン)冷麺のように、蕎麦粉をメインに使う薄い灰色の麺のやつか、サツマイモのデンプンを使った細くて弾力の強いほぼ黒に近い麺のやつが特に好きなのです。
ま!平壌冷麺も盛岡冷麺もどっちもそれぞれ大好きなので美味しかったらいいんですけどね

さて、最近食べた冷麺はといいますと、
まずは前回も載せた「チェゴヤ」の冷麺。
chegoya12.jpg

ここはそば粉を使った灰色の麺ですが、ちょっと麺は柔らかめでしたね。
でもスープが結構ダシが効いてて美味しかったので、これに美味しいタデギかコチュジャンを入れて食べたらかなり好きな味に近くなりそう

さてお次は、このクソ。。。もの凄く暑い中、
おいしい冷麺を食べる為にわざわざ浅草橋まで足を運んで食べた
冷麺専門店 「KORYO(コリョ)」浅草橋本店のピョンヤン冷麺。
koryo2.jpg

ここ、ピョンヤン冷麺というだけあって、麺は蕎麦粉をメインに使った灰色の麺で、サツマイモのそれよりはやや柔らかめの麺です。
でもしっかり冷えてるせいかそれなりのコシがあってGOOD
なによりこの透き通ったスープが更にGOOD
見た目よりもしっかりとした味とコクがあってめちゃくちゃ美味しい
なにやらこのスープ、骨は使わず牛ヒレ肉をベースに6時間も煮込んで作るらしい。なるほど、カルビ程ガツンとくるコクではなく、コンソメスープのようにスッキリしているのはそのせいですかね。
好みでお酢が入れられますが、ぜひ入れないで飲んで頂きたい!

ここ《KORYO》は韓国料理や焼き肉もやってますが、本場仕込みの冷麺が有名なお店だけあって、ランチに行くと半分は冷麺だけを食べに来ている客でした。
冷麺を頼むと、カルビとコチュジャン味の混ぜご飯と、ナムル等の小さな小鉢が3つ付いてきます。
koryo1.jpg

このお店のよい所は、味はもちろんですが、なんといっても冷麺だけを食べにこれるこの雰囲気がいいです。
なかなか焼き肉屋さんで冷麺だけって頼みにくいですものね。


さてお次ですが。
うちの近所にちょっとイケてる焼き肉屋「焼き肉ハウス」というお店があるのですが、
ここの冷麺はテレビや雑誌でもたびたび取り上げられる程有名なんです。
yakinikuhouse1.jpg

ある雑誌によりますと、ここのスープは「牛骨やスジと野菜&果物を、
脂分が溶け出さないようにアクを丹念に取り除きながら3時間以上も煮込んだ雑味のない味」なんだそうな。
確かに、雑味はないんだけど、私的にはちょっとさっぱりすぎて物足りない感じがしました好みの違いってやつですね。
辛みの調整にコチュジャンではなく酸味のあるキムチと唐辛子を使っているのも、さっぱり仕上げに一役買っているのでしょうね。
でも麺は、盛岡冷麺に似たじゃがいものでんぷんを主体に使った透明な麺ですが、なんとも極太でコシが半端じゃない!!でも歯切れはいいのでゴムの様なしつこい弾力はないです。
私的にはよく絶賛されているスープよりもこの麺にインパクトを感じました
ちなみにここ、お肉やキムチもちゃんと美味しくてかなりいけてます
yakinikuhouse.jpg

↑このザブトンが一押し!

余談ですが、この焼き肉ハウスに行ったとき、焼き肉とビールをたんまり頂いた後、お目当てだった冷麺を食べました(勿論1人1人前)。でも思ったより味も量も物足りず、そんな私を見ておとんが「物足りないのならもっとお食べ」と言ってくれたので、わたくし、お言葉に甘えて仕上げに温麺を頂きました
yakinikuhouse11.jpg

いやいやここ、温麺もなかなかよ。私今度行ったら冷麺じゃなくて温麺食べるかも。
でも温麺はね、またまた余談だけどね、あらゆる所で食べた結果、私の実家の近くにある「庄や」という焼き肉屋さんが今の所No.1ですよ
ま、それはまた今度にするして。。。

最後に、ちょっと異色になりますが、いちおう冷麺なので載せておこうかと。
フカヒレ専門店「筑紫楼」のフカヒレ冷麺。
tukusirou.jpg

丸ビルの5階にあるフカヒレ専門店「筑紫樓」の支店で食べました。
筑紫樓と言えば恵比寿に1978年にオープンし、フカヒレの専門店として名を馳せたお店ですが、そんな噂よりも私をここへ駆り立てたのは、V6の番組「VVV6 東京Vシュラン2」で紹介されていたからです。(←ミーハー)
だって美味しそうに食べていたのよ。しかも夏季限定なのよ。更にこの冷麺の説明も「冷やし中華のためだけに作られた上質な豚肉、金華ハムのスープ。この高級上湯スープを冷やしたモッチモチの麺に注ぎ入れ、キンキンに冷やした上湯スープの煮こごりを氷代わりに入れ、気仙沼産よしきり鮫の胸ビレを盛り付ければ完成。」とか言っちゃってさ。
だから食べてみたかったのさ。

が!期待が大き過ぎたのか。。。食べた感想は今イチでした
確かにこの上湯スープの煮こごりの味は奥深くてとても美味しいのですが、スープは上品過ぎて麺について来ないし、なんといっても麺が味、コシともに弱いので、全体的に印象の弱い味に感じてしまいました。一度食べたらもうリピートはしないだろうなあ。。。
それよりも、なおこさんに勧められて食べた「ふかひれ入り土鍋そば」の方が美味しかったです。
tukusirou2.jpg

これは塩味のさっぱりした白湯スープに細麺が入っていて、麺は柔らかめですがスープの旨味が強いので、麺がそのスープの味を吸ってくれるように絡んで美味しかったです。

でもどっちもね、そのどんぶりの中に、フカヒレの姿煮はいらっしゃらないの
なので、今度また行く機会があったら、ぜひ「ふかひれ姿煮込みつゆそば」を食べてみたい!厳選された気仙沼産”よしきり鮫”のフカヒレの姿煮込みが入った煮込みそばらしいくう~美味しそう!
でも小さな土鍋に入ってて¥2600!!くう~高い!!
ま、自分のお金じゃ食べないやね。
あ、また話が冷麺から反れてしまいました。。。

結局私的に、味は好みがあるものの、酸味系でもコク系でもいいのですが、これだけはちゃんとしてて欲しい!と思ったのは、基本ですが麺はのびていなくてしっかり締まっていること。スープはさっぱりしていながらも味がちゃんとあって、更にキンンキンに冷えていること。ここが私の個人的なポイントのようです。
じゃあ何処のが好きなのさ?というと、今までで一番美味しかった冷麺は、ロスのコリアンタウンで食べた冷麺なのです。
ここは、スープ自体をシャーベット状にしていて、冷たくてとても美味しかったんです。
これです↓
uchunreimen.jpg

サツマイモでんぷん100%の黒麺でコリコリとしたしっかり締まった歯ごたえ。
ビーフベースのコクのあるスープに、甘辛いタデギと、梨やトンチミ(大根などの浅漬け)
がマッチしてもーう。。。(よだれ)
ああ、食べたいなあ。。。
でもここ、混んでる週末とかに行くと、スープが氷ってなかったりするんですけどね

でもKORYOの冷麺は麺こそ違うけど、スープは結構近かったな
まだまだ探すぞ!理想の冷麺!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
見たら食べたくなりました。
週末行ってきます。
【2007/08/17 10:23】 URL | 尚子 #- [ 編集]

いーないーなあ~。
でも週末は小皿が少なかったりスープが温かったりするので空いてる時間がいいですよ!
私の分まで味わって来て下さいねv-410
【2007/08/18 02:50】 URL | おかん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://marourara.blog76.fc2.com/tb.php/53-e45328dd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。