今日の遊食
かわいいペットと美味しい食事を中心に、 その日あった出来事を紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紅葉&新蕎麦
11月某日、紅葉を見に&新蕎麦を食べに長野へ行ってきました。
nagano.jpg


 今年は秋が温かかったために紅葉が遅めでしたが、おかげで新蕎麦の美味しい時期とうまく重なりました。調度おとんが長野で学会があったので、長野と言えば戸隠そば!!ということで、1泊で紅葉を見に&新蕎麦を食べに行ってきました。

さすがにこの時期、2~3週間前に週末のお宿を予約するのは困難でしたが、キャンセル待ちをしてうまいこと目的地の近くの旅館をとることができました。土曜の午後からの出発だったので、その日は学会会場でささっと目的を済ませ、後は旅館で温泉と、長野の名産を盛り込んだ創作料理を存分に満喫しました
nagano21.jpg


翌日は戸隠へ行って蕎麦三昧です

 翌日、朝しっかりと旅館の朝食を頂いた後、さっそく戸隠へ向かいました。市内の旅館から車で約1時間ほど山を登っていくと、途中からはおそば屋さんだらけ!石投げりゃ当る程、辺りは軒並みそば屋だらけです。が、1週間前から調べに調べ、お勧めのそば屋を4件ピックアップしてあったので、その中から道の手前にあるお店から順に攻めて行くことにしました。ええ、もちろんここまできて1件食べて帰る夫婦じゃありませんから、食べ歩きですよ

 まず一件目は「大久保の茶屋」(http://www.ookubonotyaya.jp/)
nagano20.jpg

 ここは文化三年からそば屋を営む由緒あるおそば屋です。数ある口コミ蕎麦屋系サイトでも、週末は行列必須と書いてありましたが、入った時間が早かったためか、すんなり入れました。
隣のテーブルの人が頼んでいた舞茸の天ぷらやそばがきが美味しそうでしたが、今後の事を考えて、とりあえずここはシンプルにざるを1枚ずつ。
nagano11.jpg

このように小分けにわけて盛るのは「ボッチ盛り」といって、戸隠そばの特徴だそうです。食べてみると、初めは思ったよりも蕎麦の風味は強くないな?と思いましたが、そのために程よい喉ごしがありながら、コシがあるので噛む事で後からそばの風味がふわんときました。確かに美味しい。そばつゆも絶妙。やっぱり天ぷらも。。。と欲がでましたが、おとんに「どうどう」と宥められながら、店頭で新そばのそば粉だけ購入して次へ行く事に。。お店を出る頃には満席で待つ人もちらほら出てきてました。

次に入ったのは「山口屋」(http://togakushisoba.com/)
nagano23.jpg


 山口屋は「純地粉」「手打ち」を売りにしていますが、今回ピックアップした店は何処もそうなので「そんなん当たり前じゃーん」くらいの気持ちで入りました。やはり周りの人が食べている天ぷらが気になり、さっきの店もこの店も見る限りざるの量は少なめなので、余裕と判断した私は天ぷら盛り合わせも一緒にオーダー。
nagano4.jpg

やはりボッチ盛り。さっきより更に少なめ?麺も細め?な感じ。食べてみるとコシも風味も弱めでした。
揚げたての天ぷらも、山の蕎麦屋なのに山菜類が入っていなかったのがちょっと
残念。ま、美味しかったけどね。そうそう、長野ってりんごも産地なもんだから、昨夜のお宿もこの店も、天ぷらの中にリンゴの天ぷらが入ってるんです。
まあ、食べてみればアップルパイ?みたいな味ですが、おとん的にはNG。男性は特にダメな人が多そうですね。
私的にここは、全体的にうーん、こんなもんか。。という感触でした。

 次に行くはここ戸隠でも超有名店の「うずら屋」(http://www2.odn.ne.jp/~uzuraya/)
nagano5.jpg

 調度お昼過ぎになってしまった為もあり、お店の前は噂通りの長蛇の列が!

 でも、超有名店なのに店主自ら並んでいる人に傘を貸したり老人を店の中で待つように案内したりと、気持ちいいくらい接客に勤しんでました。
1時間待ちと書いてあったので店頭のリストに名前を書き、調度目の前が戸隠神社の中社鳥居なので、腹ごなし兼ねて辺りを散策して待つ事に。あいにくの雨でしたが、この曇ったしっとりとした雰囲気と神社がまた風情があって、ああ、やはり日本はええなあと思いました。
nagano17.jpg

さて待つ事1時間、中に入ることができました。やはり愛想のいい店主に勧められながら、まずはずっと気になっていたそばがきを注文。舞茸の天ぷらもかなりの好評らしいのですが、おとん的にちょっと厳しい..というのでやめて、私はまたまたざるを、おとんはかけそばを注文しました。
最初にそばがき登場。
nagano7.jpg

「でかっ!」というのが最初の印象、続いてふっくらときれいなまん丸の見た目にびっくり。こんなそばがき見た事なーい!(写真ではピントが茶碗に合ってしまって伝わらないと思いますが(^ ^;)普通そばがきと言うと、蕎麦の風味全開のすいとんの様な、重めのモッチリとした感触を思いがちですが、ここのはふわっっと感が半端じゃないっ!それでいてもっちり感もあって、初めての食感でした。蕎麦の風味もイヤミがなく、一緒に出て来たおつゆ、蕎麦味噌、きなこのどれかを付けて食べるそうですが、私的におつゆと辛み大根の組み合わせがなんとも美味しかったです。
 
続いておそば。
nagano8.jpg

一口食べると「あ!違う!」という感想。最初の大久保の茶屋よりも若干コシも風味も強くて、それでいてのどごしもある、なんともバランスのよい、ひと味違うお味でした。一緒にでてくる本わさびも憎い!
おとんのかけそばも、甘過ぎない薄めな味付けのかけつゆがなんとも上品で、蕎麦の風味を引き立てていました。
nagano9.jpg

ちなみに最後に出てくる「そば湯」も、ここが一番美味しかったです。
確かに美味しい、ここは美味しい。多分、私が今まで食べたおそばの中で一番美味しかったに違いない。3件目でしたがまだまだ体内の浸透圧も上がらずに冷静に美味しく味わう事ができました

 本当はもう一件、「そばの実」というお蕎麦屋さんに行きたかったのですが、おとんが「もう限界、体が蕎麦になる」というので今回はここで断念。おとん、前はラーメン4件行けたのに、歳とったね

 あ、紅葉紅葉天気が悪かったのであまりいい写真が撮れず、食いに走ってしまいましたが(と、雨のせいにしてみる)なかなか色づきもいい時期でした。
nagano16.jpg

帰りに善光寺に立寄り、通りすがりの人がやたらと食べているおやきと、大好きな「八幡屋礒五郎」の七味を本店で買って、長野を満喫した私たちは帰路につきました。
nagano18.jpg

 なかなかこの時期に、こんな山奥の戸隠まで来る機会はないと思いますが、あたしはきっと来年も来るよ!やっぱ美味しいお蕎麦は現地で食べなきゃ!!と実感した1日でした。

しかしなんだね、蕎麦の写真ってのは、一件ずつ撮ってもあまり違いが分からないもんだね(^ ^;
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
もみじが赤いですね。季節を感じることができてうらやましいです。秋なのにLAでは見たことありません。。。

新車ですか? ワ○ゴ○R?
【2006/12/08 19:54】 URL | Tomo #- [ 編集]

そば、どんだけ食べてんのよ~v-405
八幡屋礒五郎って善光寺名物のやつだよね!うちも使ってるよ(^-^)

曇っていたようだけど、紅葉がシットリ綺麗~。
今年は“紅葉・温泉旅行”に出かけられなくてとても残念だったんだ(涙)。
充実したミニ旅行、楽しめてよかったね~e-68
【2006/12/08 20:06】 URL | ノリィ #WCSj23LI [ 編集]

TOMOさん、あれはレンタカーです。今回トレイン&レンタカーのトレン太くんで行ってきましたから。車、まだ買ってないんです(涙)もうすっかり近所の日本レンタカーの常連ですわ。

ノリィなにを言う、いつだかあなたに貰ってから好きになったんさ。今じゃ他の七味は使えませんて。
でも風味が飛ぶのが早いから、今回は小袋のも買ってみたよv-392
【2006/12/08 21:41】 URL | おかん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://marourara.blog76.fc2.com/tb.php/4-698bb60f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。